読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハルチカ

 

ハルチカ、観に行ってきました。ツイッターに感想を上げたいところだけど、最近まだ観てないのにだのネタバレしないでだの面倒なのでここに書こ。期待以上すぎて感想書かずにはいられない。

 

この映画が発表されたときは、顔面人間国宝佐藤勝利くんと、千年に一度の美少女 橋本環奈ちゃんがダブル主演するという話題で持ちきりだったな。映画の内容よりもとにかくあの美しい2人が大きなスクリーンで見られるなんて!!!って盛り上がってました。わたしもその2人の美の共演っていうのが楽しみだった。

 

これは映画を観た後に思ったこと、、「吹キュン」激推しな宣伝方法だったけど、それで良かったのかな?と思うほど、キュンはほんのちょっぴりでした。

キュンを推すとどうしてもよくある中高生向きの映画なんだと思ってしまってその時点であまり大人は興味持たないから、そこよりも「青春」のほうをもっともっと推したほうが大人にも興味持ってもらえたんじゃないかと、ド素人ながらに思いました(笑) 「あの時の青春をもう一度」的なw

 

実際、メインは高校生の苦悩や努力の日々を描いてて、現役中高生よりもむしろ高校生を終えた大人のほうが、思い出があるから当時の自分と比べたり重ねたりして楽しめるんじゃないかな…。私はそうだった!そのうえ吹奏楽部だったから、描かれてた問題も分かりすぎて心の中の頷きが止まらなかった。

金管に何がわかる!」「木管じゃないから分かんないでしょ!」「パーカスは黙ってろ!」……あるあるでしょうね(笑)

 

それと、楽器の演奏も実際に演者がしているので、撮影とともに上達していく様もリアル。「上を向いて歩こう」の演奏シーン泣いたなあ。

 

ハルタとチカが主役なので2人がメインで話が進んでくのはもちろんなんだけど、部員のみんなもひとりひとり問題を抱えていてその問題にもきちんと光を当てていたのが印象的かなあ。

 

コンクールのシーンもめちゃリアルで、あの舞台袖でスタンバイしてる時のドキドキ感が蘇ってきた。すごい。

 

最初はみんなを引っ張っていたチカちゃんが、中間〜ラストに自分の壁にぶつかったとき、引っ張ってもらった部員たちがハルタを中心にしてみんなでチカちゃんを引っ張り上げたところ、最高に良かったなあ。自分でも驚くほどボロボロに泣いた。

 

「春の光、夏の風」という曲も耳に残る良い曲。

 

とにかく、私は勝利くん環奈ちゃん世代の子たちより大人に見てほしい!!!ぜひ!!!というのが1番伝えたい感想です(笑)

 

 まあ、ツッコミどころがないわけではない。むしろわりと心の中でツッコんだ(笑)  それでも良い映画でした!!!!

 

無論、佐藤勝利くんと橋本環奈ちゃんのダブル主演は最高に美しかったです。ぜひ、劇場へ!